ポケケア

中学生・高校生が悩むニキビを治すためのブログ【美肌探検隊】

美白&紫外線対策

中学生・高校生におすすめの日焼け止めは?学校・通学時に最適で毎日使える理由

更新日:

自転車や徒歩で通学してると、毎日すごい太陽の紫外線を浴びて「日焼けが心配」っていう子も多いよね。

通学に「片道だけで何十分」もかかる場合、日焼け止めをしっかり塗らないと「肌への負担はすごく大きい」んだよ。

日焼け止めは、美白を目指してる子だけのアイテムじゃなくて、強い紫外線から肌を守る「学生にも必要な化粧品」なんだ。

もちろん、男子にも♪

ただ、日焼け止めを選ぶ時に「SPF〜」とか「PA〜」いろいろあるから「どれを選んだらいいの?」って、悩んでる子も結構いるみたいだね…

ということで今回は「学校・通学時にもピッタリな中学生・高校生におすすめの日焼け止め」を、紹介していくよ。

SPFが高い日焼け止めは、紫外線をしっかりカットしてくれるけど

  • 肌の刺激・負担になる
  • クレンジングを使わないと落ちない
  • ニキビの悪化につながる

などなど、毎日の通学には「結構な負担になる」から、日焼け止めは「しっかり使い分ける」のが、ポイントだよ。

ちょっとわかりづらい「SPF」と「PA」についても、わかりやすく紹介するから参考にしてみてね。

 

学校・通学時におすすめの日焼け止めはどんなタイプ?

毎日の通学で使う日焼け止めは「SPF15〜30」の物を「行きと帰りに塗り直して使う」のがおすすめ。

これがいちばん肌の負担にならなくて「毎日使っても安心な日焼け止め」なんだ。

SPF50とかの「強い日焼け止め」は、普段使いより

  • 海・プールなどのレジャー
  • 外での部活動(とくに夏)

長時間、太陽の強い紫外線から肌を守らなくちゃいけない時に、活躍する日焼け止めなんだよ。

強い日焼け止めは肌の上に乗せておくだけで、結構な負担になるから「低刺激で負担の少ない日焼け止め」を、こまめに塗り直して使うのが、普段使いにはピッタリなんだ。

 

中学生・高校生に毎日使えるおすすめの日焼け止めを紹介

女の子
でもさぁ〜「日焼け止め」って、いっぱいあるんだよ?

 

成分表示を見て刺激の少ない…
ボブ

 

女の子
だ〜か〜ら〜!成分とか覚えられないの

 

じゃあ、おすすめを1つ紹介しておく?
ボブ

 

女の子
うんうん♪ そっちのが助かる

 

みんなも良かったら参考にしてみてね♪
ボブ

 

〜 おすすめの日焼け止め 〜

SPFとかPA++とかよくわかんないから「どんな日焼け止めを使ったらいいのか、ズバリ教えて!」っていう子のために、1つ参考の日焼け止めを紹介しておくね。

ズバリおすすめは「POLA(ポーラ)」さんから販売されてる

 

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

この日焼け止めは小さい子(2歳以上)でも使えるぐらい「肌に負担のかからない日焼け止め」だから、

  • 肌がすごく敏感だったり
  • アトピー、ニキビに悩んでる子

でも、安心して使うことができるんだよ。

それに、クレンジングを使わなくても「お湯だけでサラッと落とせる」から、肌をゴシゴシこすったり、専用のクレンジングを買い足す必要もないんだ。

 

・ウォーターレジスタンス テスト済み

ウォーターレジスタンステストっていうのは「水に濡れても紫外線カット効果が変化しないで、ずっと続きますよ〜」っていう効果のテストをしましたっていう表示なんだ。

つまり「汗をかいても大丈夫」ってことだね。

 

・サラサラしてベタつかないから使いやすい

クリームタイプの日焼け止めなんだけど、伸びも良くて、ベタベタした嫌な感じもないし、肌に乗せた後もサラサラ、しっとり。

顔に塗っても「嫌なベタつきが残らない」から本当に使いやすいよ。

日焼け止めなんだけど、乳液を塗ってる感じに近いんだ。

 

・肌にもやさしいくて 肌色も自然な明るさに

紫外線吸収剤フリーで、紫外線防止剤には「酸化チタン」を使ってるから、肌にも優しくて、太陽の光をしっかり跳ね返してくれるんだ。

ちなみに酸化チタンは、韓国コスメで人気のウユクリームにも使われてる成分で「塗るだけで肌が白くなる」っていわれてる正体だよ。

この「白いの顔料」が含まれてるから、肌に塗ると白くなるんだ。

ただ、このポーラの日焼け止めは「白浮きするほど残らない」から安心してね。

 

女の子
ん〜、なんか良い事ばっかりであやしい…

 

えぇー! なにを疑ってるのー!?
ボブ

 

女の子
そうやって、私に買わせようとしてるでしょ?

 

(ガーン)おすすめ教えてって言うから!
ボブ

 

女の子
だって「デメリットがない」のは、おかしいでしょ?

 

あ〜そういうことね(ホッ)
ボブ

 

ここがデメリットに感じるかも

POLA(ポーラ)の化粧品は、市販(薬局、ドンキなど)の取り扱いがほとんどなく、百貨店や店舗、オンラインでの販売になるんだ。

だから、値引きとかもないし、コンビニとかで売ってる日焼け止めと比べると「少し高いなぁ…」って感じる子もいるかもしれないね。

ただし「容量はすごく多い」んだよ。

顔だけの使用なら、結構長い期間使えて「コスパが悪い」って感じた事はないよ(ブログ管理人は、ほとんど顔しか塗らないから1日に塗り直しをしても「3ヶ月〜半年くらい」使えてるよ)

あとは「真夏に長時間、紫外線を浴びる可能性がある」時には、この強さだと肌を守りきれないんだ。

先に、強い紫外線を浴びることがわかってるときは「ぜったい焼かない!」みたいなキャッチコピーが書いてある日焼け止めが、良いと思うよ。

ちなみに「スキンアクア スーパーモイスチャーミルク (SPF50 PA++++) 」は、しっかり守ってくれるからおすすめ♪

 

女の子
なるほどね〜(メモメモ)

 

デメリットもわかって、スッキリした?
ボブ

 

女の子
うん♪ 思ってたほどじゃなくて良かったよ

 

(どんなデメリット想像してたの…)
ボブ

 

通学時・毎日使うならPOLA(ポーラ)がおすすめ

あくまでも1つの参考だけど、

  • しっかり紫外線もカット出来る
  • 肌の負担にならない
  • 顔に塗ってもベタつかない
  • お湯だけで落とせる(クレンジング不要)
  • 汗にも◎(テスト済み)
  • ほんのり白くなる(見た目)

↑こんな日焼け止めって、探してもなかなか見つからないんだよね。

中学生だと「値段が少し高いかな?」っていう部分はあるけど「POLA(ポーラ)の日焼け止め」は、通学時、学校(日常使い)で使うのにおすすめだよ。

とくに日焼け止めは「すごく大切な化粧品」だから「ちょっと贅沢する」のがポイント♪

もしも、少しでも気になってるなら、実際に使いやすさを試してみてね。

 

商品の詳細、購入は「ポーラ公式サイト」でチェックできるよ↓

※ 別ウインドウで公式サイトが開きます

 

日焼け止めに書いてあるSPFとPAってどういう意味?

ということで、ここからは「日焼け止め」や「化粧下地」に書いてある

  • SPF(サンプロテクションファクター)
  • PA(プロテクショングレイドオブUVA)

について、紹介してくよ。

じつは、この数値の意味がよくわかってないけど「なんとなく高い数値の日焼け止めを買ってた」っていう子は、多いと思うんだ。

たしかにこの数値が高い方が「紫外線には強い」んだけど、日常生活で浴びる紫外線に対して「SPF50」は、必要ない強さなんだ。

 

そこで、ざっくりとだけど「SPF」と「PA」について、紹介していくね。

「いや…そういう細かい事は知らなくても大丈夫…」っていう子は、

  • 普段使い→ SPF15〜30
  • 長時間太陽に当たる→ SPF30以上

これを目安に日焼け止めを選ぶと、1つの基準になるよ。

紫外線や美白に、ちょっと興味のある子は、このまま読み進めてみてね。

 

紫外線には「UVB」と「UVA」の2種類がある

女の子
よし!気合いいれて、いこー

 

今日はなんか、いつもと違うね!どうしたの?
ボブ

 

女の子
ん? どうせ難しくて長い話しするんでしょ?気合い入れてかないと!

 

どうせって…
ボブ

 

女の子
どっからでも、かかってこい!

 

はい…よろしくおねがいします…
ボブ

 

〜 くわしい解説 〜

みんなが毎日浴びてる紫外線には「UVB」と「UVA」っていう2種類のタイプがあるんだ。

この2種類の違うタイプの紫外線に、それぞれ働きかけるのが「SPF」と「PA」なんだよ。

ということで、まずはこの2種類の紫外線の違いを紹介をしていくね。

 

・UVBはすぐに影響が出る紫外線

UVBはみんなの肌をジリジリ焼いて「すぐ影響が出るタイプの紫外線」

部活やプールで肌が炎症して、真っ赤になった経験ってあるよね?

これは「サンバーン」っていわれてる現象で、紫外線を浴びてすぐに

  • 赤くヒリヒリする
  • 水ぶくれができる

 

こういう「日焼けや、シミの原因を作るタイプの紫外線」が、UVBなんだ。

 

・UVAは蓄積されて将来影響が出る紫外線

もう1つのUVAは、これから先、10年、20年、と、みんなの肌に「ゆっくり影響が出てくるタイプの紫外線」

毎日浴びた紫外線はどんどん蓄積されて、細胞を徐々に傷つけ破壊していくんだ。

この傷ついた細胞は、将来「しわ」や「たるみ」として、肌に影響が出てくるんだよ。

つまりUVAは「肌老化につながる紫外線」ってことだね。

 

UVBにはSPFが、UVAにはPAが、働きかけ防ぐ

2つの紫外線の違いがわかったら、今度はそれぞれの紫外線に働きかける「SPF」と「PA」について知ろう。

  • SPFは数字の大きさ
  • PAは+の数

で「だいたいの強さ」が、わかるようになってるんだ。

数字が大きかったり、+の数が多ければ多いほど「紫外線に強い日焼け止め」って事がわかるんだ。

 

・SPFは日焼けの「防止効果」を表してる

SPFに表示されてる数字は、UVBの紫外線を浴びてから炎症が起るまでの時間を「何倍まで伸ばせるか」を表した数値なんだよ。

たとえば、紫外線を浴びてから「20分で赤くなっちゃう子」が「SPF30」の日焼け止めを塗ったら「20分の30倍で600分」

つまり「20分で赤くなってた子の肌を、10時間も伸ばす事が出来ちゃう」ってことなんだ。

ただし、これはあくまでも「理論上、計算上の話し」で、実際にここまで時間を延ばすためには「顔中に日焼け止めを、ベトベトになるまで塗る必要がある」んだって。

日焼け止めで顔中ベタベタな人なんて嫌だよね…

ということで、SPFは、時間を何倍に伸ばせるかで考えるより「紫外線の影響を何分の1に出来るか」って考えた方が、わかりやすいんだ。

現時点で最強の数値「SPF50」なら、本来の紫外線の影響を「50分の1に出来る」ってことだよ。

 

・PAは日焼け止めの強さが一目で分かる

PAはそのままズバリ「+」の量で、その日焼け止めの強さがわかるようになってるんだ。

現時点で最強の日焼け止めの指数は「PA++++」これはかなり強い日焼け止めなんだって、すぐにわかるね。

PA+→ 効果がある

PA++→ かなり効果がある

PA+++→ ものすっごい効果がる

PA++++→ 現時点では最強の効果

あくまでも「おおまかなイメージ」だけど「パッと見で日焼け止めの強さがわかる」から、PAも参考にすると便利だよ。

日焼け止めは、SPFばかりが重視されちゃうけど「ずっと今の肌をキープする」ために、PAも気にしてみてね。

 

女の子
ん〜、もう食べられないよ〜

 

おい…! おわったけど…
ボブ

 

女の子
へっ?あれ?お菓子は?

 

…どこまで、聞いてたの?
ボブ

 

女の子
ん〜、紫外線は「なんか2種類ある」ってとこ♪

 

まさかの最初!? しかも「なんか2種類」って…
ボブ

 

女の子
でも、みんなは参考になったと思うよ!…たぶん

 

ちなみに寝てるとき目「全開」だったけどね
ボブ

 

女の子
うそでしょ!?

 

通学時・学校の日焼け止めはSPF30をこまめに塗るのがおすすめ

日焼け止めの選び方について、なんとなく参考になったかな?

通学時、学校(日常使い)で使う日焼け止めは「少し軽めで、肌に負担のかからない日焼け止め」を、こまめに塗り直すことがおすすめだよ。

バックに入れておいて、出来れば、体育の前、部活の前、帰宅時って分けて、塗り直せたらいちばん効果が高いよ。

ただ難しかったら、そこまでしなくても「行きと帰りの2回だけ」でも毎日塗るように心がけてみてね。

ちなみに「米国皮膚科学会」ってとこの研究では「老化原因の約80%が紫外線の影響だ!」って言われてるんだよ。

中学生、高校生のみんなも「まだ若いから」って油断しないで、毎日の日焼け止めを忘れずにしてみてね。

 

今回おすすめで紹介した日焼け止め

 

商品の詳細

POLA(ポーラ)

ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド

SPF30

PA+++

50g:3,780円(税込)

家族みんなで使える優しい日焼け止め、もちろん通学時、学校生活での普段使いにもおすすめだよ。50gで3,780円(税込)と、ちょっと高く感じるかもしれないけど、顔だけならかなり長い期間使えるから、そんなにコスパは悪くないよ。よかったら参考にしてみてねー。

公式サイトはこちら↓

ポーラ公式サイト

 

〜 ニキビの悩みをズバッと解決 〜

\ 今日でニキビとはさようなら /

※ 思春期ニキビの治し方のページに飛びます

 

-美白&紫外線対策
-, , , , , , , ,

Copyright© ポケケア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.