ポケケア

中学生・高校生が悩むニキビを治すためのブログ【美肌探検隊】

美白&紫外線対策

中学生・高校生も日焼け止めを毎日塗るべき?美白化粧品より大事な紫外線対策

更新日:

中学生、高校生のみんなは、美白化粧品には興味津々なんだけど「日焼け止め」っていうと、あんまり興味がないみたいだね。

でも実は、美白で重要なのは「美白化粧品より日焼け止め」なんだ。

美白化粧品って聞くと「すごく効果があって、肌が白くなりそう」っていうイメージがあるから、いろいろ試してみたくなる気持ちもわかるけど、ほとんどの場合は予防に近い効果なんだよ。

だから、即効で肌が白くなる化粧品とかは、もちろんないんだ。

確かに中学生、高校生で「肌を焼かない」っていうのは難しいと思うけど、日焼け止めを毎日塗らないと「毛穴の開き」や「しわ、ほうれい線」なんかにも、影響が出てくるって知ってた?

ということで今回のテーマは「中学生・高校生も日焼け止めを毎日塗るべき?」美白化粧品より大事な紫外線対策についてドドンっと紹介しちゃうよ。

中学生、高校生のみんなが知りたい

  • 毛穴対策
  • 美白対策
  • 乾燥対策

にも役立つ情報だから、じっくり読んで参考にしてみてね。

 

中学生・高校生でも日焼け止めは毎日必要なの?

この答えはズバリ「毎日塗った方が良いよ」

中学生、高校生の肌だと、影響がまだ出にくいからわかりづらいんだけど、紫外線によるダメージはどんどん蓄積(ちくせき)されていくんだ。

この溜ったダメージが将来、肌表面に影響して出てくるんだよ。

肌老化の原因の約8割は「紫外線の影響」っていわれてて、出来れば明日からでも紫外線対策をばっちり行ってほしいぐらい重要なんだ。

 

毎日日焼け止めを塗らないと肌はどんな影響を受ける?

大人の女性が「日焼け止め」や「美白化粧品」に、数万円も払って肌を必死に守ろうとするのは、ただ単に「肌を白くしたいから」っていう理由だけじゃないんだ。

大人になって紫外線の怖さを知って「肌の老化」を防ぐためにも、日焼け止めを重要視してるんだよ。

紫外線対策は、最強のアンチエイジングとも言われてるんだ。

ちなみに、アンチエイジングっていうのは「肌の老化を食い止める」みたいな意味で使われることが多いんだけど、表現が難しいんだ。肌はどうしても老化するからね。

とにかく「中学生、高校生の時に紫外線対策しっかりしとけば良かった…」って思わないように、気づいたその日から実践してみてね。

 

・そもそも紫外線とは?

光には、波みたいな性質(波長)があって「短いもの」「長いもの」いろいろあるんだ。

紫外線っていうのは、生活する光の中で「特に短い波長」のことを指してて、この波長は、短ければ短いほど悪い影響があることがわかってるんだって。

さらに、この紫外線の中でも「短さで3つに分けられてて」それぞれを「A,B,C」で表してるんだ↓

  1. いちばん短い→UVC
  2. にばんめに短い→UVB
  3. いちばん長い→UVA

中でも「UVC」っていうのが、いちばん危険なんだけど、地球の中には入ってこないから、守らなくて大丈夫みたい。

日焼け止めで、守らなくちゃいけないのは残り2つの

「UVB」と「UVA」

だから、日焼け止めには「SPF50」とか「PA+++」とか、書いてあるんだ。

  • SPF→UVBから守る指数
  • PA→UVAから守る指数

今はなんとなく、こんなイメージで読み進めていってね。

「SPF」と「PA」についての詳しい説明は、この記事にまとめてあるから、気になる子は読んでみてね↓

関連記事:学校・通学時に最適な日焼け止めってどんなタイプ?

 

ちょっと難しいと思うけど、ここからが「美白に関係する」大事な部分だよ。

 

・とっても強いUVB

UVBはすごく強い光で、健康にも影響をおよぼすんだ。

海とか、プールで、日に焼けると「肌が真っ赤」になることがあるよね?

これは、UVBの影響で、肌表面が炎症を起こしちゃった状態なんだ。

紫外線の影響から肌を守るために、肌の中では「メラニン」っていうのが作られるんだよ。このメラニンは、紫外線を吸収することが出来る、すごい能力を持ってるんだ。

ただ、メラニンが紫外線を吸収すると、色が黒くなっちゃうから、肌は赤くなった後に、黒く(茶色く)なるんだ。ちなみに、美白効果っていうのは、

  • 黒くなったメラニンを戻す(還元)
  • メラニンを作るじゃまをする

この2つの効果がほとんどなんだよ。

ビタミンCには「高い還元作用がある」っていう理由から、美白にはビタミンCが良いって言われてるんだ。黒く焼けた肌が、少し早く元に戻るってことだね。

 

・UVAは遅れて影響が出る

次はもう1つの紫外線「UVA」について。

このUVAは、すごく弱い光で、UVBみたいに肌が炎症するっていうような悪影響はないんだけど、UVAからも肌を守らなくちゃいけない理由があるんだ。

光のパワーは弱いんだけど、波長が長いから「肌の奥まで影響がある」のが特徴だよ。

このUVAが、肌の奥にある組織をじっくり壊しちゃって、それが蓄積されていくと

  • しわ
  • たるみ
  • ほうれい線

などが、時間差で肌表面に表れてくるって言われてるんだ。

UVBみたく、すぐに影響が出てこないところが、厄介なポイントだね。

※ UVAは10年、20年と長い年月をかけて細胞を破壊していくと言われています。

 

・炎症は角栓の原因に

肌は炎症を起こすと「炎症部分を剥がして治そうとする」機能がもともと備わってるんだよ。

この時に出るのが「角質」で、この角質が余分な皮脂や、クリームなどの油分と混ざると、大きな角栓が作られちゃうんだ。

この巨大な角栓が酸化すれば「毛穴の黒ずみ」になるし、角栓が毛穴に詰まる事で皮脂が上手く排出できないと「ニキビの原因」になるんだ。

巨大な角栓が毛穴を押し広げて、毛穴が目立つようにもなるから、毎日日焼け止めを塗って予防をしてあげる事が、美肌への大きな一歩になるんだよ。

ちなみに、紫外線以外にも

  • 毛穴パック
  • スクラブ
  • 酵素洗顔
  • ピーリング化粧品
  • 美白化粧品

など、肌に刺激の強い化粧品を頻繁に使う事でも、毛穴周りは炎症を起こしちゃうんだ。

まずは、こういう「効果、即効性が高い」って言われる化粧品の頻度を、減らしてあげることも大切だったりするんだ。

 

・日焼け止めは毎日塗るのが基本

中学生、高校生も「日焼け止めが毎日必要な理由」は、なんとなくわかったかな?

日焼け止めは、肌が赤くなるのを防いでくれる効果はもちろんあるんだけど、紫外線は季節に関係なく1年中、みんなの肌にダメージを与え続けてるんだ。

その紫外線のダメージを少しでも減らすためには、日焼け止めを毎日塗り続ける必要があるんだよ。

しかも、美白効果のある有効成分は、この肌を守る「メラニン」を作るじゃまをしたり、強力な物だと、メラニンを作り出す工場(メラノサイト)を壊しちゃうこともあるんだ。

こんな事が簡単に起きないように、日本の美白化粧品は

  • 有効成分の配合量
  • 浸透力の高さ
  • 配合出来る成分

が厳しく決められてて、肌深くまで浸透させる事が出来ない美白化粧品の効果は、気持ち程度しかないのが、本当のところなんだ。

そこで重要になるのが「そもそもメラニンの量を増やさなければいい」っていう「予防」の部分になるんだよ。

だから、日焼け止めは美白化粧品よりも「重要度が高い化粧品」ってことが言えるんだ。

ただし、毎日使う日焼け止めに「SPF50」とか「PA++++」みたいな「強力紫外線カット」の日焼け止めは、

  • 肌に負担がかかる
  • 肌が乾燥しやすくなる

など、注意しなくちゃいけないポイントが、いくつかあるんだよ。

 

強力紫外線カットの日焼け止めを毎日は負担が大きすぎる

絶対に焼きたくないっていう気持ちも、わからなくはないんだけど、何でも「やりすぎは逆効果になる」ことが多いんだ。

美白化粧で最近人気の「ハイドロキノン」っていう成分も、かなり強い効果を持ってるから、本当はおすすめとか簡単に言える成分じゃないんだけど、知らないで言ってる人もいっぱいいるよね。

SPF50とかの「強力な紫外線カット」が出来る日焼け止めは、

  • 海やプール
  • その他レジャー
  • 部活の試合
  • 夏の紫外線が強い時期

など、強い紫外線に長時間あたることが予想出来るときだけ、使う用の日焼け止めなんだ。

普段使いする日焼け止めは「SPF30」もあれば十分なんだよ。

 

日焼け止めに使われる紫外線吸収剤が肌の乾燥の原因に

日焼け止めには

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

が使われるんだけど、上の「紫外線吸収剤」は、紫外線から守る力は強いんだけど、肌への負担が大きいことが、知られてるんだ。

とくに「敏感肌」や「乾燥肌」の子は、避けたい成分の1つでもあるんだよ。

 

・頼るときもある

本当は避けたい成分ではあるんだけど、紫外線予防の効果は高いから、紫外線がすごく強い夏とかは、有効に使った方がいい時もあるんだ。

ただ、日常生活ではほとんど必要ないから、毎日使う日焼け止めには、紫外線吸収剤が入ってない物を選ぶと良いよ。

 

・どうして乾燥するの?

紫外線吸収剤は名前のとおり、太陽の光を浴びた時「紫外線を吸収してくれる役割」があって、肌への紫外線を減らす事が出来るんだ。

紫外線を自分の中に取り込んで化学反応を起こし、熱を逃がすんだけど、この時に肌の水分が蒸発して乾燥しやすくなることが考えられるんだよ。

「敏感肌の子」や「ニキビ、肌荒れに悩んでる子」だと、この反応や反応で変化した物質が

  • 刺激
  • かゆみ

の原因になることもあるんだ。

敏感肌の子が強い日焼け止めを塗ったら、肌がボロボロ剥けて荒れちゃったりするのは、この化学反応が原因だったりもするんだよ。

 

・紫外線吸収剤の特徴

主な紫外線吸収剤↓

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなど

こんな風に紫外線吸収剤は、化学合成された成分で、サラサラしたジェルタイプの日焼け止めなどで、多く使われるんだ。特徴としては

  1. 白浮きしない
  2. サラサラ
  3. 反応後塗り直しが必要
  4. 汗に強い
  5. 刺激、かゆみになる場合あり

「白浮きしない」「汗に強い」など、メリットになる部分もあるんだけど、学校や通学時に使う日焼け止めは「紫外線吸収剤フリー」のタイプが、肌に優しくておすすめだよ。

 

毎日塗る日焼け止めには肌に優しいタイプを選ぼう

毎日こまめに塗り直す日焼け止めには「肌の負担になりにくい」タイプがピッタリなんだ。

↑で紹介した2つめの「紫外線散乱剤」が使われてる日焼け止めだよ。

紫外線散乱剤についても、少し詳しく紹介しておくね。

 

日焼け止めの成分で肌の刺激になりにくい紫外線散乱剤

化学反応を起こす「紫外線吸収剤」と違って、紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返して肌を守るから、肌への負担がほぼないことがわかってるんだ。成分も

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

天然の成分が、使われるんだよ。

強力な紫外線から長時間、肌を守るにはちょっと心細いんだけど、日常生活の紫外線くらいなら、十分に守れる範囲なんだ。

酸化チタンは「白色の顔料」としても有名だから、もしかしたら聞いたことあるかもしれないね。

 

・塗っただけで美白される!?

塗るだけで「肌が白くなる」って言われてるクリームには、だいたいこの「酸化チタン」が使われてるんだ。

この成分は「白い粉」だから、肌に塗ると白く残る特徴があるんだよ。

日焼け止めの場合これが「白浮き」って言われてて、クリームに配合されてると「美白効果」ってなっちゃってるんだけど、効果は全く一緒なんだ。

もちろん水で流せばその「美白効果」はなくなっちゃうから、元に戻っちゃうよ。

ちなみに、こういうクリームを「塗り続けてるうちに美白効果が高まる」とか言われてたりもするんだけど、日焼け止めの効果があるから、塗り続けてれば自然と白くなるのは当然で、このことを知ってれば「寝る前に塗っても意味が無い」ことは、簡単に想像できるよね。

美白のためだと思って、油分の多いクリームを寝る前にたっぷり使うと「毛穴詰まり」が起り、ニキビや、鼻の黒ずみ、の原因にもなるから気をつけてね。

とくに朝起きた時、顔がテカテカ、ベタベタしてる子は、寝る前のクリームや乳液をやめることで、改善されることが多いよ。

※ ここではわかりやすい表現として美白効果と使っていますが、本来の美白効果とは異なります。

酸化チタンとはまた別の成分なんだけど、大人気の「ニベア」にも、白く残る成分が使われてるから、美白効果があるって勘違いされちゃってるんだ。もっと詳しく知りたい子はこの記事にまとめたよ↓

関連記事:大人気の「ハトムギ化粧水+ニベア」に美白効果は本当にあるの?

 

・酸化亜鉛は少し注意が必要

紫外線散乱剤は、ほとんどの肌に刺激がなく安全に使えるんだけど「金属アレルギー」がある子は、酸化亜鉛が肌に合わない場合もあるみたいなんだ。

酸化チタンが使われてる日焼け止めの方が、安心して使いやすいよ。

 

・紫外線散乱剤の特徴

  1. 白浮きしやすい
  2. こってりタイプが多い
  3. 汗に弱い
  4. 汗をかいた後は塗り直しが必要
  5. 刺激がほぼない

こうやってみると紫外線吸収剤の日焼け止めより、デメリットが多く感じちゃうけど「肌に負担がかからない、刺激がない」っていうのは、それだけ重要なメリットになるんだ。

このタイプの日焼け止めは「クレンジング不要」の物も多いから、中学生、高校生にとくにおすすめだよ。

敏感肌や乾燥肌で悩んでた子は、ぜひ参考にしてみてね。

 

学生の毎日使いにおすすめの日焼け止めを紹介

日焼け止めは美白以外にも、肌を守るために毎日こまめに塗ることが大切なんだ。

さらに「強力紫外線カットの日焼け止め」を毎日使うことは

  • 肌の刺激、負担になる
  • 乾燥の原因にもなる

ことがわかったよね。

紫外線がすごく強い時は、頼りになるけど、普段使いの日焼け止めとは「分けて使う」っていう考え方がおすすめだよ。

ということで、最後に毎日塗っても肌の負担にならない、おすすめの日焼け止めを1つ紹介しておくね。

違う日焼け止めでもいいんだけど「成分とか見るのめんどくさいから、使いやすくておすすめのがあれば知りたい!」っていう子は、ぜひ参考にしてね。

 

ポーラの日焼け止めは中学生・高校生にも使いやすくておすすめ

「日焼け止めがたくさんありすぎて、選ぶのにも困っちゃう」そんな時は、この日焼け止めがおすすめだよ↓

「ポーラ ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」

この日焼け止めの良い所は、

  1. 皮膜が残らない(お湯で落とせる)
  2. 低刺激で肌に負担がない
  3. 紫外線吸収剤の配合なし
  4. 伸びが良い
  5. ベタつかないのにしっとり

紫外線吸収剤フリーで低刺激だから、毎日使っても肌に負担をかける心配もなく、紫外線からはしっかり守ってくれる

「毎日塗るのにぴったりな日焼け止め」なんだ。

こってり系が多い紫外線散乱剤の日焼け止めの中でも、サラッとした保湿クリームみたいで使い心地も◎

それに、クレンジング不要でお湯だけでも落とせて(洗顔料は使った方が良いかも)肌に負担をかけずにサッとオフできるから、部活や勉強で忙しい中学生、高校生にもピッタリなんだ。

 

・値段が少し高く感じる?

普段よく見る日焼け止めと比べると「3,780円」は、少し高く感じちゃう子もいると思う。

ただ「50g」で内容量が多いから、コスパが悪いってことはないんだ。とくに敏感な顔だけに使うなら、約半年くらい使える量だよ。

半年も使えて、3,780円で大事な肌が紫外線からしっかり守れるなら、使った方が良いと思うんだ。

美白化粧品とかになると、簡単に10,000円とか超えたりもあるからね。

毎日塗る日焼け止めだからこそ、少しでも良いもの選んで「肌を守ってあげる」っていうことが、すごく大切だと思うんだ。

中学生、高校生の今、そのキレイな肌をずっとキープできるように、大事に守ってあげてね。

 

〈ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド(POLA:ポーラ)〉

  • SPF30 PA+++ 
  • 50g (約160日分)
  • 2歳以上が対象
  • 無香料
  • アレルギーテスト済み
  • 紫外線吸収剤フリー
  • ウォーターレジスタンステスト済み

※ ウォーターレジスタンステスト:水に濡れても紫外線カット効果が変化せず、持続することを示します。20分×2回の耐水テストを行います。

 

購入、詳細はPOLA公式サイトで↓

》POLA ポーラ 公式サイト

 

〜 ニキビの悩みをズバッと解決 〜

\ 今日でニキビとはさようなら /

※ 思春期ニキビの治し方のページに飛びます

 

-美白&紫外線対策
-, ,

Copyright© ポケケア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.